荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は9日午前の記者会見で、荒井聡国家戦略担当相の政治団体が活動実態のない知人宅を「主たる事務所」として届け出て、多額の事務所費を計上していたとする一部報道について「かつて松岡利勝、赤城徳彦両元農水相が追及された問題と本質的に同じだ。当然辞任に値するし、(菅直人首相の)任命責任も問われる」と述べた。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
「支持率高いうちに選挙」は駄目=郵政法案の今国会成立主張

都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
選挙準備を優先…民主・河上議員、目立つ国会欠席(読売新聞)
汗疹“注意報”発令 こまめに汗ふき&吸水性の良い服を(産経新聞)
<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)

「撮り鉄」会社員を書類送検=線路内に三脚、JRに遅れ―「警鐘も目的」と奈良県警(時事通信)

 列車を撮影しようと線路内にカメラの三脚を置いたとして、奈良県警西和署は4日までに、鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)の疑いで、兵庫県尼崎市の男性会社員(50)を奈良地検に書類送検した。同署によると、容疑を認めているという。送検は3日付。
 鉄道撮影の愛好家「撮り鉄」によるトラブルは全国で多発しており、同署は「実際に列車に影響が出たことから送検した。警鐘を鳴らす目的もあった」としている。
 送検容疑は5月9日午前9時50分ごろ、同県斑鳩町のJR関西線王寺―法隆寺間の線路内に侵入、写真を撮る目的で踏切脇に三脚を置いた疑い。
 この際、「線路内に人が立ち入っている」とJR西日本に通報があり、関西線は上下2本を部分運休したほか、5本が遅れ、約1300人に影響が出た。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東武博物館リニューアル
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ

<訃報>石井裕正さん72歳=慶応大名誉教授(毎日新聞)
「菅首相」午後誕生へ=民主代表に選出―仙谷幹事長、枝野官房長官浮上(時事通信)
<震度速報>気象庁から速報されず(毎日新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
介護保険のスリム化、カギは「自立支援」(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます